院長プロフィール

《ご挨拶》

医療技術が進歩した現在も、糖尿病網膜症や緑内障により失明する人は後を絶ちません。どちらも初期には自覚症状が無く、進行してからでは回復が困難な病気です。また、世界に誇る長寿国となった反面、加齢に伴う黄斑変性症などの病気になる人も増えています。
一方若い方たちも、長時間のVDT作業や不適切なコンタクトレンズ装用で目を酷使し、障害が起きているのに気付かないまま、ということが目立ってきています。
将来視力の不自由な余生を送らないために、日頃から目をいたわり、異常の早期発見・早期治療を心がけて下さい。

院長 岡田昭人

《経歴》

昭和41(1966)年 富良野市に生まれる。
昭和59(1984)年 北海道立旭川東高等学校卒業。
平成3(1991)年 国立旭川医科大学医学部卒業。同附属病院眼科勤務。医師免許取得。
平成7(1995)年6月~

平成12(2000)年3月

労働福祉事業団岩見沢労災病院眼科勤務。
平成8(1996)年 日本眼科学会専門医認定。
平成12(2000)年4月~

平成14(2002)年3月

医療法人社団札幌メモリアル眼科院長。
平成14(2002)年10月 美園おかだ眼科開院。