白内障日帰り手術について

1.白内障とは

 目の中で調節(ピント合わせ)の働きをする水晶体が濁る病気です。光の透過がさえぎられるため、「視力が下がる」、「暗く見える」、「色がくすむ」、また、光が分散されるので、「まぶしい」、「ものが何重にもなって見える」といった症状になります。原因は、殆どが加齢(老化現象)ですが、糖尿病や打撲などの他の病気に誘引される場合もあります。

2.手術の必要性と、しない場合の経過予想、他の治療方法について

 点眼薬治療は、早期白内障の進行をある程度遅らせますが、改善までは望めません。
濁りを取り除く方法は手術しかありません。決して緊急を要するものではありませんが、放置すれば次第に進行し、症状がひどくなるとともに、手術の難度が増してゆきます。

3.手術名とその内容

 手術名:水晶体再建術 ~黒目(角膜)の上縁付近に傷口を作り、水晶体の前面の皮をむいて、濁った中身を吸引除去します。残った袋状の皮の中に人工の水晶体(眼内レンズ)をおさめます。

4.手術までの手順

(1)一般検査

 視力検査、眼底検査など一般的な外来検査をします。
 白内障の診断をするとともに、他の病気が無いか確認しなければなりません。

(2)術前検査~手術をする方だけに追加します

 角膜内皮細胞顕微鏡検査:角膜(黒目)が手術に耐えられるだけ丈夫かどうか調べます。
 超音波検査(眼軸長測定):目の直径を測って眼内レンズの度を決めます。

(3)手術説明

 説明書、図譜や眼球模型を用いて説明します。内容に納得され手術を受けることを承諾されますと、承諾書に署名して頂きます。

5.手術日・術後通院のスケジュール

 当日、来院してから、手術を終えて注意点などの説明を聞いて頂いて、帰宅となるまでの時間は通常2時間以内です。(帰りは、眼帯で片眼になりますので注意が必要です。)
 翌日、翌々日と診察を受けて頂きます。経過に問題が無ければ、通常その後の受診は、手術1週間後、1ヵ月後となります。